シンビジウムの株分け

株分けする目安

  • 開花株から3~4年以上たち、中央に葉のなくなってしまったバルブ(リーフレスバルブ)が目立つ
  • 大株になりこれ以上大株にできない状態になっている
  • バルブが6個以上あり、株を増やしたいとき

いずれか該当する場合は株分けを行いましょう!

株分けの手順

  1. 鉢替えの要領で鉢から抜きます。
  1. 次に中央のリーフレスバルブから左右に区切りを決め、のこぎりで二つに切る。
  1. 翌年も開花させたい場合は、1株にバルブは3個以上つけると良いです。
  1. 白い根を残し古い根や腐った根は植替えと同じ要領で除去します。
  1. 根の量に応じて鉢の大きさを選び新芽の伸びる方向に余裕をもたせて配置し、バークをつめます。

株分け後の管理について

  • 置き場所

    株分けした株は、株にも根にもかなりの傷がついています。これまで置いていた場所より光線の弱いところ(半日陰)に置きます。

  • 水やり

    水やりは2~3日待ち、傷口を良く乾かしてから行います。

  • POINT

    根が動き出すまでに約2週間ほどかかります。それまでの水やりは葉水程度の軽めにします。根が動き始めたら、光線に良く当て、水もたっぷりと与えましょう!